スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忘れてた

  • 2008/06/24(火) 20:58:08

GRBでサーキット初走行してきたのに、みんカラの方にUPして安心してこっちにあげてなかったw
みんカラで読んだ人は、まったく同じなので読まなくて良いですよー。

いうわけで、GRBの本庄サーキット初走行。
ちなみに走ったのは6月1日。
1ヶ月遅れとかどんだけーw


さて、走りのほうはどうだったかというと、目標だった「前車のタイムを上回る」そして「できれば50秒切り」は達成できました。

ベストタイムは48.856と最初にしては上出来かな?

でもブレーキングやシフトチェンジと言った基本操作はかなりミスが多かったし、ラインも改善点が随分ありそう。

まだまだタイムを伸ばす余地がありそうなので、とりあえず今の状態で47秒台を目指そうかと思ってます。
純正足も確かにロールはするけど、走っていて思ったより悪くなかったし。

伸び悩んで47秒台乗る前にいじっちゃったらゴメンナサイ(笑

一緒に言った友達のセリカもタイムアップしたし、収穫の多い一日となりました。

夏は車に優しくないので、しばらくお休みして、次は秋!
秋はガッツリ走ってしっかりうまくなろうと思います!

ブレーキパッド交換

  • 2008/05/09(金) 00:00:47

GW中の4日か5日にインプのサーキットデビューをしようと思ってたのですが、パッド交換が間に合わず断念・・・。

そして4日ブレーキパッドを交換しました。

モノはプロμのHC+です。
ついでにフルードもDOT4のやつに交換。

交換した後、街乗りで150kmぐらい乗りましたが、かなーり良く効いてます。
HC+は冷えてても結構効くので、街乗りでも使い易いですねー。
もちろんガッツリ踏めばガッツリ効きますし。

ただ、ブレーキ鳴きのキーキー音が半端ない(笑
一応シムも1枚は入れたんだけどなぁ・・・。
レビンの時も同じパッドで鳴いてたから覚悟はしてたけど、ブレーキでかい分音もでかい(汗
まあ、慣れてるし気にしないことにしておこう!

これでとりあえず走る準備はできました。
6月頭に走りに行く予定です!

インプ初峠

  • 2008/03/17(月) 21:53:38

土曜から日曜にかけて、黒セリカのこたつ猫氏と妙義山に行ってきました!
慣らしの終わったGRBインプの初峠です!

というかその前にインプを買った後、全く紹介の記事も何も書いてないことに気がつきましたが、それは後でということで・・・。

峠についたのが2時ぐらいだったのですが、まだ地元の走り屋さんたちが順番に走っているところでした。
下仁田側から上っていったのですが、途中に走り屋さんの車5,6台の列が。
抜いてくのも危ないかなーと思ったので、ちゃっかり列に並んで最後尾からおっかけてみました(笑
頂上付近でみんなUターンしてたのですが、さすがに参加する気はないのでそのまま反対側へ。
そしたら反対側でも同じことやってるし(笑
とりあえずダーっと下って、駐車場で車停めてしばらく眺めてました。

3時半ごろに地元勢が掃けたので、そこから走り始め。
最初の上り下りも普通に走ってたんで、次は車交換しようってことで、インプに猫氏、セリカに俺の組み合わせで走りました。
で、最後に車を元に戻して上って下ってそのまま帰路につきました。

NAいいなぁ・・・、フルバケいいなぁ・・・。

全然タイプの違う車なので、乗り比べるとはっきり良いところ悪いところがわかりますね。
インプは当然ながら加速は圧倒的。
ブレーキもセリカはあんまりよくないので、車重の割にはしっかり効くインプに軍配かな。
コーナリングとフィーリングはやっぱりセリカ。
軽さは最大の武器ってのは全くその通りだと改めて感じました。
インプはコーナリング中のフィーリングがあんまり良くない。
インフォメーションが不明瞭な感じかな?特にステアリングからの情報がいまいち。
曲がれるのか曲がれないのかが良くわかんないので、もっといけるんだろうけど抑えちゃう。
やっぱり操作系はもうちょっと重いほうがいいなぁ。
それとステア切った時の最初のノーズの入りもいまいちですね。
広い駐車場で左右に振ってみた時も操作にワンテンポ遅れてたし、タイトコーナーはかなり苦手な車みたいです。
やっぱり得意なのは高速コーナーか。
しかし自分が走るような場所は高速コーナーなんかほとんどないぞ(汗

実際の速さはというと、まだGRBは慣れてないのでなんともなところもありますが、当然ながら上りはインプ、下りは悔しいかなセリカの方が速い。
しかも、上りでも加速区間がほとんどないとセリカに負ける(泣
下りは加速区間長くでもパワーの差が出にくいから勝てるか微妙だってのにー。
しかも後半はタイヤはタレてズルズルだし、ブレーキもふかふかしてくるしで車重の重さで先にへたれてしまいました。

うーん、やっぱり峠ぐらいじゃあ軽い車の方が圧倒的に良い・・・。
こりゃあサーキットで頑張らないと高い金出した価値がなくなってしまう・・・。

ということで、軽量NAの良さを実感するドライブでした。
インプ買ったのにそっちの良さを感じてどうするんだって話ですが(笑
きっとこれからその力を見せてくれるに違いないと信じてます。

それと、セリカはフルバケ入ってるんで、初めてフルバケで峠を走ったわけですが、これがハンパじゃなく良い。
インプもレカロのバケット入ってるんだけども、フルバケと比べちゃうと雲泥の差。
フルバケに対する見方が変わりました。
日常の使い勝手を考えるとちょっとと思うところもあるのですが、あれだけ違うと本気で考えちゃいますね。

短い時間でしたが、発見が多くてとても勉強になったドライブでした。

本庄サーキット

  • 2006/11/07(火) 14:45:58

日曜日に本庄サーキットに行ってきました。
近場なのでずっと行こう行こうと思っていたのですがなかなかいけず、やっと重い腰を上げることになりました。

一緒に行ったのはこたつ猫氏、ネギ氏です。
当初はまた温泉ドライブに行く予定だったのですが、人数が集まらなかったために急遽こたつ猫氏との約束だったサーキット走行を実現してしまうということになり、前日の晩にネギ氏を誘いとかなり突発的な走行でした(笑
温泉ドライブでいつも一緒なS氏も途中から見学に来てくれました。

初めての人は講習を受けなければいけないのでお昼からの講習を受け、まったりと準備をして2:20からのヒートから走り始めました。

コースは全長1100mぐらいの典型的なミニサーキット。
エスケープゾーンはそれなりに広く、縁石も低めなので、相当無茶しなければ車を壊すことは少ないでしょう。
最終コーナーだけすぐそこにガードレールがあるので危ないですが、最終コーナーは次のメインストレートのために立ち上がりをしっかりしなければならないので無茶しないからそれほど怖くはなかったです。
詳しいコース図は↓のリンクからチェックしてください。

http://sph.egoiste.net/

値段はHPにも書いてありますが、初回講習が3500円。
走行は平日か休日か、ビジターか会員かでかわって2000~3500円。
保険が400円。
それと計測器を使うならレンタル料1000円とラップ表が1枚200円。
計測器と保険は一日あたりの値段なので、どうせ行くなら何本か走ったほうがお得です。

私とこたつ猫氏は2ヒート、ネギ氏は1ヒート走行。
タイムはネットで色々調べてみた結果まずまずだったんじゃないかと。
車格が上の車でうちらよりも遅いタイムの人もいたので、初めてにしては悪くなかったはずだ。

感想としては、2ヘアがきつくて辛いのとS字が思った以上に振られるのでスピードが上げられないといったところでしょうか。
S字に関してはたぶんレビンちゃんのサスが柔らかすぎるからです・・・(汗
1つ目の荷重が戻りきらないうちに反対側に振ることになるので、振りかえし状態でスピンしそうになります(てか1回回りました笑

やっぱサスだめだなぁ。
相変わらずブレーキングで超前のめりらしいし・・・。
というかこの台詞もう何度目だろうか。
だってサスって換えたくても高いんだもん!しょうがないじゃん!
でもさすがに次にサーキットに行くまでには換えておこうと心に誓いましたよ。
タイヤも随分減ってきたから換えなきゃだしねー。
まだまだ課題は多そうです。

タイムとか走りの方の詳しい話は後日HPにUPするので、興味がある方はそちらもどうぞ。
そうそう、みんなの車庫、こっそりUPしたので見てない人は見てみてくださいな。

そして時代は移り行く

  • 2006/10/23(月) 05:04:42

ブラジルGP、終わりました。
そして同時に2006年シーズンが終わり、シューマッハのF1が終わりました。

なんてドラマティックなレースだったんでしょう。
何から書いていいかわかりません。
それぐらい感動の多いGPでした。


シューマッハ話は長くなるので後に回して、まずは日本勢から。

トヨタは予選でいい位置につけていたのですが、早々と2台ともマシントラブルでリタイア。
同じタイミングで入ったのですが、原因は中継中はわかりませんでした。

ホンダは14番手スタートだったバトンが3位!
本当に見事な走りだったと思います。
バリチェロも5位入賞。

2チームとも充分にトップ争いができるチームですね。

そして今回驚きだったのがマシン、タイヤ、ドライバー全てが日本のスーパーアグリ。
トップチームとほとんど同じタイムという素晴らしい走りで周回を重ねた琢磨は堂々の10位!
上にいるのはフェラーリ、ルノー、マクラーレン、ホンダと優勝争いに絡むチームばかりですよ!
BSタイヤがあっていたこともあってシーズン最後のGPで最高の走りを見せてくれました。
シーズン当初は苦しい戦いをしていたスーパーアグリはすごいスピードで進化しましたね。
来シーズンに期待です!


さて、それでは優勝争い、そしてシューマッハの話をしましょう。

スタートは上位勢はほぼ変わらず。
予選でマシントラブルを起こして10番手スタートのシューマッハはいいスタートをきって序盤で6位まで浮上します。

そして5位のフィジケラを抜いた直後、信じられないことが起こりました。

クラッシュしたマシンの破片を踏んだのか、左リアタイヤがバースト。
これによりピットインを余儀なくされ、周回遅れの最下位になってしまいます。
これでほぼ優勝の可能性を失ったシューマッハ。

それに対しアロンソは着実に上位を走行。
このレースは優勝する必要はないため手堅く走っていました。

トップはフェラーリのマッサ。
BSタイヤの恩恵か、後続を大きく引き離して独走状態。

シューマッハもこれで終わりかと思いました。
しかしさすがは皇帝、ただでは終わりません。
ここから奇跡的な猛追が始まります。

周回遅れ最後尾から異次元のスピードで次々に前のマシンを抜いていきます。
そしてあっという間にフィジケラの後ろへ。

優勝争いをしているルノーだけにここは簡単には抜かせてくれないだろうと思っていたのですが、皇帝のプレッシャーは半端じゃないんですね。
なんとか抜かれまいとブレーキを遅らせたフィジケラは痛恨のアンダーを出してしまいます。
これでシューマッハ5位。

次に狙うはライコネン。
残り数周というところできっちり後ろにつけて1コーナーでインをつきます。
そして見事オーバーテイク成功。
4位です。

しかし、前のバトンとの差は残り周回数で詰められる差ではなかったのでそのままフィニッシュ。

結果1位マッサ、2位アロンソ、3位バトン、4位シューマッハとなりました。

マッサはセナ以来のブラジルGPでのブラジル人優勝。
会場の盛り上がりは最高潮でした。

アロンソはシューマッハとの競り合いに勝ち、2年連続のシーズン総合優勝。新世代王者の力を見せてくれました。

そしてシューマッハのラストラン。
はっきり言って鈴鹿に続いて運に見放されていました。
予選でのマシントラブル、本選でのタイヤバースト、猛追をしているときも立ち上がりの加速でスローダウンするのが何度か見られました。
まるで勝利の女神が世代交代を告げているかのような、そんなGPでした。

しかしそんな中でのシューマッハの驚異的な走り。
タイムは他者の追随を許さない圧倒的なものでした。
優勝はマッサ、総合優勝はアロンソ、しかしサーキットを最も早く走っていたのは間違いなくシューマッハでした。
フィジケラもライコネンも最後の最後でシューマッハの凄さを身をもって思い知ったでしょう。
優勝は逃しましたが、シューマッハは最後の最後まで手を抜かず本気で攻め続けました。
新世代のドライバーに何かを伝えるかのように。
これからのF1を担うドライバーたちは、このレースで偉大なドライバーのラストラン、偉大な走りに多くのことを学んだと思います。

こんなに心動かされたレースは他にありません。
やっぱりシューマッハは史上最高のドライバーだったんだと改めて実感しました。

ありがとう、シューマッハ。

さようなら、シューマッハ・・・。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。