スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モーグル男子すごかった!

  • 2006/02/16(木) 14:57:27

昨晩、モーグル男子が行われました。

日本は上野選手が予選突破したのですが、決勝ではバランスを欠いてミスが目立ち、20位という結果に終わりました。
攻めた結果だったので仕方がないですね。

それはともかくとして、このモーグル男子決勝、非常にエキサイティングな展開となりました。
決勝の20人の中でも比較的早い出走順だったミッコ・ロンカイネン選手が、アグレッシブな滑りで21.87秒という驚異的なタイムを出し、26.62とかなりの高得点をマーク!
この時の会場の盛り上がりはすごかったです。
そのおかげで残りの選手がフルアタックせざるを得なくなり、見ていてとても興奮する激しい大会となりました。
やはり男子はすごいですね。
女子では一部の人しかできないコーク720が当たり前のように出てきます。
ファーストエアがフルツイスト、セカンドエアがコーク720という組み合わせの選手もいましたし、Dスピン1080なんて大技を出した選手もいました。
そんな中、金メダルを獲得したのはオーストラリアのデイル・ベッグスミス選手。
22.68秒という速いタイムを出しながら、全く乱れず芸術的な滑りを見せてくれました。
あまりにも綺麗すぎて、速いようにも攻めているようにも見えなかったぐらいです。
2位は先ほども紹介したミッコ・ロンカイネン選手。
3位はトビー・ドーソン選手。
このドーソン選手、もともと韓国人の孤児だったのをアメリカ人の夫婦に拾われて現在に至ります。
オリンピックでメダルがとれたので、これからは実の親探しを積極的に行っていくそうです。
早く見つかることを祈っています。
また、金メダルを獲ったベッグスミス選手、実はIT企業の社長でもあります。
転戦する資金がなかったために立ち上げた会社が大成功して、その資産は数十億円だそうです。
それぞれ、様々な過去、思いを抱えてオリンピックに挑戦しているんだなと思いました。


話は変わりますが、同じチャンネルでカーリングをやっていたので見てみました。
なかなか面白い競技ですね。
今までちゃんと見たことがなかった(もしくはソルトレークの時に見てるけど覚えてなかった・・・?)のですが、テクニックと共に、高度の戦術が要求されるんだなと思いました。
氷上のチェスと言われている理由がよくわかりました。
各チームがどんな作戦をとってくるかを見ているだけでとても楽しいです。
しかしノルウェーのスキップ(主将)のテクニックはすごかったです。
まさに針の穴を通すような正確なコントロール。
狙ったところにぴったりと止めてくるのを見て、「人間業じゃない・・」とすら思いました(笑

オリンピックでは、色々な競技が放送されるので、今まで見る機会のなかった競技を知ることができます。
それもまたオリンピックの楽しみの一つだなと思いました。
そういえばアテネオリンピックではレスリングに妙に詳しくなったことを覚えています(笑
皆さんも自分が好きな競技だけでなく、知らかった競技を見てみてはいかがですか?
きっと新しい発見があると思います。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。