スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒューイットとナダル

  • 2005/06/27(月) 23:28:38

さて、やっとこさウィンブルドンネタです。

とはいってもまだ序盤。
好カードも少ないですし、また、見る時間がなかなかとれず全部の試合を見れていない状態です。
ですので、さらっと序盤の結果を流しつつ、ナダルとヒューイットに注目して書いてみようと思います。

ウィンブルドンはランキング上位の人が順当に勝ちあがることが多いのですが、今年は意外な展開がいくつか。

まずは女子。
エナンがまさかの初戦敗退。
確かにウィンブルドンではまだ優勝がなく、苦手なサーフェスなのかもしれませんが、初戦で負けるとは思いませんでした。
試合は見ていないのですが、調子悪かったんでしょうね。

セレナ・ウィリアムスも3回戦敗退。
2度も優勝したことのある選手がここで消えるとは・・・。
怪我をしたあとのセレナはいまいち昔の勢いがないですね。
新しい勢力に押されてきているように感じます。
果たして復活できるのか。
これから注目すべきところかと。

昨年の覇者シャラポワはきっちり勝ち上がっていますね。
試合も少し見ましたが、安定していて、強い人とあたるまでは負けることはなさそうです。


次に男子。
まずは、ウィンブルドンと言ったらこの人。
ティム・ヘンマンです。
イギリスでは絶対的人気を誇る選手。
サーブ&ボレーという芝向きのプレースタイル、そして母国開催ということもあって、毎回優勝を期待されています。
ところが、毎回いいところで涙をのんで、毎年「今年こそは・・・」と言われています。
そのヘンマンがなんと今年は2回戦敗退。
しかも相手は無名の選手。
もう結構な年なので、そろそろ厳しいのかもしれません・・・。
あと数年のうちに優勝してくれることを祈っています。

個人的にフェデラーのライバルと睨んでいたサフィンも3回戦で敗退。
昨年の後半から調子をあげ、フェデラーに勝ったこともあるので、期待していたんですけどね。
こうなると誰がフェデラーの前に立ちふさがるのか、気になるところです。
大好きなヒューイットが立ちふさがってくれることを祈ってますが(笑
ちなみにフェデラーも大好きなので、この二人で決勝だともうたまりません。

全仏の覇者、ナダルは2回戦敗退。
やはりクレー以外ではまだまだ課題があるようです。

昨年の覇者フェデラーは順調に勝ち進んでます。
男子も女子も連覇の可能性が充分にありそうですね。



さて、流すつもりが長い結果報告になってしまいましたが、ここからが今日のテーマ。

ウィンブルドンにおいて、なぜヒューイットは勝ててナダルは勝てないのか。

なぜこの二人かというと、二人ともフットワークを強みにして粘るタイプのストローカーだからです。
そして、ナダルが負けた相手もヒューイットが3回戦で勝った相手もサーブ&ボレーヤー。
この2試合、両方ともTVでやっていたので、見比べることができました。

さて、ではどこが違うのか。
クレーはボールが跳ねた後が遅いので、ストロークが有利。
逆に芝は速く、サーブ&ボレーが有効になります。
つまりウィンブルドンでは、ストローカーはボレーヤーに対応する武器が必要になります。
この武器を持っているかどうかが大きな違いだと思います。

ヒューイットはコントロール抜群のパッシングショットとトップスピンロブがあります。
この武器のおかげで、相手もそう簡単には前に出れませんし、出ても抜かれることが多々あります。

それに対して、ナダルのストロークはグリグリのトップスピンがほとんど。
スピン系の球はネットの上の高いところを通るので、ボレーしやすいんです。
コントロールも悪くはないのですが、ネットにつめてきた相手のサイドを抜く技術はまだヒューイットには及びません。
ロブも試合中全く使っていなかったと思います(多少とばしてみたので見逃してるかもしれませんが)。

このあたりの差から、同じようなプレースタイルでも、勝ち負けの差が出たのだと思います。
ナダルのプレースタイルはまだまだクレー用といった感じが否めませんね。
もっと色々なテクニックを身につけて、クレー以外でも勝てるようになってくることを願っています。


とまあ、なんだか素人が偉そうに語ってしまいました。
見ている方々、納得いかなければツッコミお願いします(笑

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ナダル、マンチェスター・ユナイテッドがお気に入り

今年の全仏オープンで見事優勝し、一躍スター選手の仲間入りを果たしたラファエル・ナダルについてご紹介します。今最もテニス界でホットな選手である彼についてのプロフィールを知りたい方や興味のある方が(多分)多いのではないかと思いましたのでぜひご覧ください

  • From: blueの気ままにテニスBLOG |
  • 2005/07/08(金) 17:42:38

ナダル、驚異的な29連勝

スウェーデンのバスタードで行なわれたスウェーデンオープン決勝の結果はナダルがチェコのベルディフに2-6, 6-2, 6-4で勝利し、今季ここまで7個目となるタイトルを獲得しました。この大会のサーフェスはナダル大得意のクレーであり、そのサーフェスでは今

  • From: blueの気ままにテニスBLOG |
  • 2005/07/12(火) 14:07:00

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。