スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダヴィンチ・コード

  • 2006/07/27(木) 22:27:03

今更ながら先日読み終わりました。

もう興味がある人はとっくに読んじゃったと思うので感想どうこうを書くほどのものでもないのですが、某氏と会って感想を話した時に結構一致する部分があったので少しだけ。


①薀蓄は面白い。
薀蓄大好きの自分としては、これだけで読む価値のある本でした。
題材としてはとても興味深いですね。
逆にそういうのが好きじゃない人には説明が長ったらしくて苦痛なだけかも。
うちの母はすでに頓挫しそうです(笑

②ストーリー自体は無理矢理感あり
伏線の張り方とかはうまいなと思うところもあるんだけど、意表をつくための手段がねぇ・・・。
なんかすごく不自然。

③ミステリーなのになんでこんなにハリウッド風なの
アメリカ人作家だからなのか、本当にハリウッドもろだしの作品。
ミステリー独特の雰囲気とかじっくり考える感じとかはなし。
逆にアクションシーンがたくさん。
極めつけは主人公とヒロインが最後にキス。
そこはどうしても結ばれなきゃいけないのか?
とりあえずこの小説はミステリーではありません。


そんなところです。
特に③は心からそう思う。
逆に言えば、映画化するの楽だったろうなーと(笑
ちょっと長いし説明ないとわからないところが多いから、どこをどれぐらいはしょってるから気になるけれども。

見に行こうとのお誘いを受けてるんだけれど、予定が合う日が訪れる前に上映が終わると思われます(;;
運良く見れたらまた報告します。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。