スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウィンブルドン男子決勝

  • 2006/07/11(火) 22:08:24

ちょっと遅いですが、せっかくここまで書いてきたので決勝の話も書いておきます。

フェデラーvsナダルという全仏と同じカードとなった決勝。
1セット目はフェデラーが完璧なテニスで6-0。
ナダルはスライスに苦しめられて強力なストロークが打てていませんでした。

このままフェデラーの圧勝かと思った2セット目。
ナダルが徐々にペースを取り戻します。
ストロークでいいショットが出始め、タイブレークまでいくも7-6でフェデラー。

第3セット、もう落とせないナダルが維持を見せて今度はタイブレークを制し7-6でナダル。

しかしやっぱりフェデラーは強かった。
第4セットは芝の王者の力を見せつけ6-3。

セットカウント3-1でフェデラーの勝利となりました。

フェデラーの目の上のたんこぶであるナダル。
フェデラーの今年の負け4試合は全てナダルで、全仏でもタイトルをナダルに持っていかれていたという苦手な相手。
しかし芝の王者としてここで負けるわけにはいかないと思ったんでしょうね。
さすがにまだ芝のコートではフェデラーのほうにかなり分があるなと感じました。

これでフェデラーは史上7人目のウィンブルドン4連覇&芝のコート48連勝。
ナダルのクレーコート連勝記録とフェデラーのグラスコート連勝記録、どこまで続くのかというのも非常に楽しみです。
ナダルとフェデラー、しばらくはこのライバル関係は続きそうですねー。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。