スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウィンブルドン 女子決勝

  • 2006/07/09(日) 21:35:35

今年のウィンブルドンの女子決勝はエナンvsモウレズモでした。

エナンは全仏に引き続き準決勝でクリスタースを破り、全試合ストレートで決勝進出。
一方のモウレズモは準決勝でシャラポワとの接戦を制し、初の決勝進出でした。

このカードは今年の全豪オープンの決勝と同じ組み合わせ。
全豪の時はエナンが腹痛による途中リタイアだったので、リベンジとも言えます。


エナンは1ゲーム目でいきなりモウレズモのサービスをブレイク。
立ち上がりは圧倒的にエナンペースでした。
ここまでの好調を維持して、6-2でファーストセットをとります。

このまま一気に押し切るかと思われた第2セット。
立ち上がりからエナンのミスが目立ち始め、今度は6-3でモウレズモがとりファイナルセットへ。

第3セット、エナンの調子がなかなか戻らない中、モウレズモは気持ちの入った粘りのあるプレーで試合の流れを引き込みます。
メンタルの弱さがよく言われていたモウレズモですが、このセットの中盤以降は本当に気合が入っていて素晴らしかったと思います。
結果、第3セットを6-4でとり、見事初優勝を決めました。


エナンは第2セット以降本当に調子悪かったですね。
らしくない凡ミスが非常に多く、体調でも悪いんじゃないかと思いました。
逆にモウレズモは、いつも勝ちを意識するとびびって消極的になってしまういままでの癖がなく、決して調子がいいとはいえませんでしたが、気持ちの入ったプレーをしていました。

エナンファンの自分としてはエナンに勝って生涯グランドスラムの達成をしてほしかったので残念でしたが、モウレズモの終盤のプレーを見て、モウレズモの優勝に心から拍手を送りたいなと思わされました。
エナンには来年こそぜひ生涯グランドスラムを達成してほしい!


さて、今晩は男子の決勝、フェデラーvsナダルが行われます。
全仏と同じカードで、フェデラーが得意の芝で全仏の借りを返すか、それともナダルが芝の王者の座を奪い取るか。

準決勝の試合を見て、全く違うプレースタイルの2試合だったので、その二人の決勝は動きがあって本当に面白い試合になるんじゃないかと思います。


どうでもいいけど、モウレズモって胸がなければどう見ても男に見えるよね・・・。
ガタイよすぎ・・・。
それとフェデラーの彼女はあんまりかわいくな・・(失礼
まあ、ぽっちゃりが好きなんだよね、きっと。
と、試合以外のところでも色々と気になる今日この頃でしたとさ。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。