スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポーツ観戦で寝不足になっちゃうよ

  • 2006/06/26(月) 23:56:01

ワールドカップ、決勝トーナメントが始まりましたね。
応援してるアルゼンチンはすでに準々決勝にコマを進めました。
次戦のドイツ戦、かなり厳しい戦いになりそうですが、かなり楽しみです。

さて、昨晩はワールドカップ&F1とスポーツ盛りだくさんの日。

まずはイングランドvsエクアドルの試合を見ました。
どちらのチームも守備を固めていてなかなかパスが通らない試合でしたが、後半15分、ベッカムの見事なFKでイングランドが先制点。
その後もランパード、ジェラード、ルーニーらがいい動きをしてチャンスはあったのですが、得点には繋がりませんでした。
エクアドルもチャンスはあったのですが、これまた得点には繋がらず1-0でイングランドの勝利。

しかしイングランド、勝ったとはいえ相変わらず最後の決め手に欠けるような気がします。
いい形で攻めていてもどこか噛みあわないところがあるような。
果たしてどこまで勝てるのか。

その後に行われたオランダvsポルトガルは見なかったのですが、どうやら退場者が4人も出る荒れた試合になったようで。
結果は1-0でポルトガルの勝利。
ポルトガルも強いのでびっくりというほどではないですが、オランダも調子がよかっただけにちょっと意外でした。
オランダ応援のわかめ氏、残念でした(笑


次にF1のカナダGP。
ポールポジションはまたもアロンソ。
2番手が同じくルノーのフィジケラ。
ルノーはドライバーの腕もさることながらマシンもよく仕上がってますねぇ。
3番手はライコネン。
いつもいいところにつけながらマシントラブルなどが多く苦労してます。
4番手にTOYOTAのトゥルーリ。
今年TOYOTAはあまりいい成績を残していないのですが、ここで大きなチャンスが回ってきました。
そして5番手にチャンピオン争いのM.シューマッハ。

スタートはフィジケラがフライング気味に動いてしまいもたついている
うちにライコネンがかわし2位、シューマッハは出遅れて7位に。

しかし、シューマッハの前を走るモントーヤとロズベルグの接触。
シューマッハは5位に。
そして、シューマッハはフィジケラがフライングによるペナルティで後ろに下がり、トゥルーリをオーバーテイクしてついに3位まで順位をあげます。

トップ争いのアロンソとライコネンは途中までいい勝負をするも、ライコネンのピットストップが二度とも失敗してしまい大きくタイムロス。
これでアロンソの独走態勢。

アロンソ、ライコネン、シューマッハの順位で迎えた残り11周、母国GPでサーキットに父親の名前がついているヴィルヌーブがクラッシュ。
セーフティカー導入になり、それぞれの差がつまりました。

残り7周でリスタートとなりここからライコネン、シューマッハが必死の追い上げ。
しかしライコネンは残り2周で痛恨のオーバーラン。
このチャンスにシューマッハがライコネンをかわし2位に。
シューマッハはアロンソを追撃しますが、残り2周ではさすがに追いつけず、アロンソ、シューマッハ、ライコネンの順でチェッカーとなりました。

いやー、アロンソは本当に強い。
4戦連続でポールトゥフィニッシュです。
マシンの良さでもドライバーの腕でも明らかにトップですね。
だからこそ独走できるんだと思います。
果たしてシューマッハはチャンピオン争いできるんでしょうか。

日本勢はトゥルーリが6位。
HONDAのバトンは終盤でクルサードにかわされ、惜しくも9位。
入賞なりませんでした。
スーパーアグリはモンタニーは4周目でマシントラブルでリタイア。
琢磨はラスト2周で残念ながらクラッシュ。
一応完走扱いになりましたが、もう少しで本当に完走できただけに悔やまれます。


さて、今晩から今度はテニスのウィンブルドンも始まります。
徹夜でスポーツ観戦の日々はまだまだ続きそうです。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。