スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テニスニュース!

  • 2009/09/29(火) 01:01:46

伊達さんの復帰後初のツアー優勝はすごいですね!
あの年でも、しっかり鍛えてれば充分戦えるって証明です。
それに比べて日本の若い選手!
確かに伊達さんにはずば抜けたセンスもあるかもしれないけど、それでも負けちゃいかんでしょう!
もっと頑張れ若手ー。

そしてもうひとつ。杉山さんが東レパンパシフィックで引退です(泣
4大大会62大会連続出場という世界記録を持つ鉄人であり、ダブルスでは世界ランキング1位にもなったことのある素晴らしい選手でした。
プレーに派手さはないものの、粘り強いプレースタイルは伊達さんとはまた違った良さがあったと思います。
シングルスは残念ながら途中棄権でしたが、ダブルスがまだあるので、有終の美を飾ってほしいと思います!

そんなテニスで、自分にもニュースが!
なんと数年ぶりに大会に出ることになりました(笑
11月にシングルスとダブルス両方出ます!
やれない期間がかなりあったせいで、プレイそのものも下手になってるし、試合の緊張もすごい久々なので、結果は期待できませんが・・・orz
でも、でるからには頑張りたいので、今月はがっつり鍛えますよ!
テニスやりたい人はガンガン誘ってください!
あと、当日の応援もまってまーす(笑

スポンサーサイト

全仏オープン男子決勝

  • 2007/06/12(火) 22:44:02

1日遅れで今更な記事ですが、フェデラーまた負けちゃいましたね。
まあフェデラーのプレイは凡ミスも多く、決して絶好調とはいえない状態だったので、あれでナダルに勝つのは厳しいですね。

おそらくフェデラーが絶好調で、尚且つ粘るナダルを嫌がらず赤土でのプレイが楽しめなければ勝つのは難しいでしょう。

ナダルは史上2人目の3連覇達成。
来年も勝てばボルグの4連覇という記録に並ぶそうです。

フェデラーが史上6人目のグランドスラム達成か、それともナダルが歴代1位の記録に並ぶのか、気が早いですが、来年もこの2人の対決から目が離せなくなる予感。
その前に全英全米でのフェデラーとナダルの活躍も気になりますけどね。
ナダルは他のコートも少しずつうまくなってきているので、今年あたりいいとこ来るかも?

全仏オープンテニス 女子

  • 2007/06/10(日) 21:25:04

久しぶりにテニスの話。

全仏オープンの決勝が土日で行われました。

注目は女子ダブルスで決勝まで行った杉山愛。
4月から新しくダブルスを組んだスレボトニクと息の合ったプレーで優勝が期待されたのですが、残念ながら負けてしまいましたね。
準決勝で昨年の優勝者を破って決勝は格下相手、充分勝てるはずの試合だったのですが、相手の力強いプレーに押され、いつものプレーができていなかったように思います。

女子シングルス決勝はエナンvsイワノビッチ。
エナンvsシャラポワになるかと思っていたのですが、セルビアの若手イワノビッチがシャラポワを破り決勝に上がってきました。
調子の良かったシャラポワを破ったオールラウンダーのイワノビッチでしたが、決勝ではプレッシャーからか自分のプレーを全くできず、6-1、6-2でエナンの快勝。
エナンは史上4人目の全仏3連覇だそうです。
エナンは女子で一番好きな選手なので、この優勝は嬉しかったです。
次のウィンブルドンでもまた活躍してほしいですね。

今晩は男子決勝、昨年と同じカード、フェデラーvsナダルの試合が行われます。
4大大会で唯一優勝のない全仏に意欲を燃やすフェデラー。
今年は果たしてクレーの王者ナダルに勝てるのか。
フェデラーは今回は全仏前の大会で一度ナダルを破っているので、今までとは違う気持ちで挑めるかもしれません。
フェデラー好きとしてはグランドスラムを達成してほしいので、なんとかナダルを破って優勝してほしいですね。
今から試合が楽しみです。

全米オープン終了

  • 2006/09/12(火) 02:33:39

女子の話は少し書きましたが、男子の方も結果が出ました。

フェデラーvsロディックだったのですが、勝ったのはフェデラー。

まあ、誰もが予想していた結果でしょうね。
クレイ以外でのフェデラーの強さは本当にずば抜けているので、めったなことがなければ負けることはないでしょう。

これでフェデラーは今年は全仏以外の全てのタイトルをとりました。
本当に年間グランドスラムまであと一歩。
ナダル越えができるかどうかが鍵です。


さて、この結果よりも注目だったのがナブラチロワ。
もう少しで50歳だというのにMIXダブルスで優勝してました。
体つきをみるとものすごく鍛えられているのがわかります。
ちゃんとトレーニングをつめば歳をとっても充分強さを発揮できるということを証明してくれたと思います。
年配のプレイヤーにとって非常に力になる出来事ではないかと思いますね。

今シーズン限りで本当に引退すると言っていましたが、ぜひまた帰ってきてほしいものです。

ウィンブルドン男子決勝

  • 2006/07/11(火) 22:08:24

ちょっと遅いですが、せっかくここまで書いてきたので決勝の話も書いておきます。

フェデラーvsナダルという全仏と同じカードとなった決勝。
1セット目はフェデラーが完璧なテニスで6-0。
ナダルはスライスに苦しめられて強力なストロークが打てていませんでした。

このままフェデラーの圧勝かと思った2セット目。
ナダルが徐々にペースを取り戻します。
ストロークでいいショットが出始め、タイブレークまでいくも7-6でフェデラー。

第3セット、もう落とせないナダルが維持を見せて今度はタイブレークを制し7-6でナダル。

しかしやっぱりフェデラーは強かった。
第4セットは芝の王者の力を見せつけ6-3。

セットカウント3-1でフェデラーの勝利となりました。

フェデラーの目の上のたんこぶであるナダル。
フェデラーの今年の負け4試合は全てナダルで、全仏でもタイトルをナダルに持っていかれていたという苦手な相手。
しかし芝の王者としてここで負けるわけにはいかないと思ったんでしょうね。
さすがにまだ芝のコートではフェデラーのほうにかなり分があるなと感じました。

これでフェデラーは史上7人目のウィンブルドン4連覇&芝のコート48連勝。
ナダルのクレーコート連勝記録とフェデラーのグラスコート連勝記録、どこまで続くのかというのも非常に楽しみです。
ナダルとフェデラー、しばらくはこのライバル関係は続きそうですねー。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。